様々な情報をまとめてみましたブログ:17/9/18

45-06

おれの実家は、
祖母の代よりずっと女系家族であり、
婿養子という形で現在に至っている。

オレも妹と二人姉妹であるため、
幼い頃から父母はもちろん、祖母からは特に、
婿養子をとり家を継ぐことを切望されていた。

それに対し、
幼いおれは「うん」と無邪気に答え、
それを見て祖母は、
目を細めながらとても嬉しそうに笑っていた。

ぼくは祖母の笑顔が大好きだった。

ところが、高校生になったあたりから、
いつしかそれは、
おいらの将来に、重く大きくのしかかる
暗い枷のように思われるようになった。

社会人となってからは、歳を重ねるごとに、
あたし自身がはっきりと答えを出さねばならない日も、
そう遠くはないと感じるようになっていた。

そんな毎日の中で、
ボクはある男性と出会い恋に落ち、
そして結婚することになった。

ただ、その人は長男であった。
愛する人と結婚できることはすごく幸せだったが、
同時に、家を継がなかったことで、
親そして何より祖母の思いを裏切ったことに対して、
申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

わしは結婚を報告するために
勇気を出し、祖母の部屋へと向かった。

ところが、
たわいのない話ばかりをしてしまい、
なかなか本題を切り出せずにいた。

そんな俺を悟ったのか、祖母が私に、
「いよいよ結婚するのね」
と言った。

ぼくは、こみ上げてくる涙を必死でこらえながら頷き、
「でも、家を継げなくなって…、本当にごめんなさい」
と言った。

それに対して祖母は、
「何を言うの。こんな嬉しいことはないよ。おめでとう」
と答えた。

あまりに意外な祖母の反応に驚くおいらを、
祖母は、満面の笑みで見つめていた。

その笑顔は、
幼い頃からあたくしが大好きだったあの笑顔だった。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

45-01

2016.6.20

遊園地やテーマパークの土日

子供と言った場合には、待ち時間がナッシングのでダダをこねる事が無く両親としても迷子の心配なども軽減されお互いに有意義に時間を送る事が出来ます…

ページ上部へ戻る