様々な情報をまとめてみましたブログ:18/3/06

45-01

母親の体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型をお母さん体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
息子がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分のお母さんか主人のお母さんに
息子を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母親や旦那の母親がいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでもお母さんの都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などにはお子様を預けない。

保育園に息子を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母親の方も未練たらたらで息子を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

子どもは3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、息子たちに目を届かせなばならないのだ。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

45-02

2016.6.16

留学中級者以上の方

「日本人の中長期の滞在者が小やかな」と言う事は、「英語を伸ばす環境としては素晴らしい」と言える反面、「日本語で得られる情報が残念ながら少なく…

ページ上部へ戻る