様々な情報をまとめてみましたブログ:18/2/20

45-04

皆様、グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

箸で食べる事をする制度を採用したのは、
聖徳太子だと言われています。

遣隋使が中国の食事作法を伝え、
それを真似たのが始まりなんだそうです。

もっともこれは宮中の話で、
その頃の庶民は、手で食事をしていました。

手づかみでご飯をする生活は、
現代からでは想像しにくいものですが、
箸でごはんを食べる事が本格的になったのは
8世紀になってからです。

宮中や儀式用に金属製の箸もありましたが、
庶民は木々を削って作りました。

そしてこれらの木々には、
神が宿っていると考えられていました。

食事を前に、箸を手に取って祈り、
恵みをいただけることを自然の神々に感謝しました。
現在の「いただきます」は、この慣習のなごりなんですね。

大自然の神々からの恵みを
神が宿る箸によって口に運ぶ日本人の食べる事は
なんとも崇高なものだと思えます。

箸を使う民族は、中国、朝鮮半島、台湾、ベトナムなどで、
世界の約30パーセントですが、純粋な箸食は日本だけです。

その他は、箸とスプーン、
あるいはレンゲなどを組み合わせて使っています。

日本のご飯は、粘り気があるため、
レンゲなどですくわずとも箸で食べることができます。

汁物は、
器を持って口元に運べば
スプーンも必要ありません。

この器を持つ行為は、
箸だけを使う食文化ゆえのものです。

スプーンでライスを食べたり汁を飲む韓国では、
器を持つことはお行儀が悪い行為になります。

このようにご飯に使う道具は
食べ物や作法と関わりあっているのです。

人に対しての細やかな心配りと優しさは、
純粋な箸食文化によって培われたものではないかと思います。

―地球滅亡まであと427日―

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

45-02

2016.6.16

留学中級者以上の方

「日本人の中長期の滞在者が小やかな」と言う事は、「英語を伸ばす環境としては素晴らしい」と言える反面、「日本語で得られる情報が残念ながら少なく…

ページ上部へ戻る